image

エミン・オーズマン
Emin Özmen

 

エミン・オーズマン 

トルコ人

1985年生 - 

イスタンブール在住

 

19才のときにマユス大学で心理学を学んだ後、マルマラ大学芸術学部で写真を専攻した。

2008年に 『Humans of Anatolia』 と 『Microcredit Stories From Turkey』 の2冊の写真集を出版。同年オーストリア・リンツの芸術デザイン大学でメディア写真とドキュメンタリー写真を修めた。2011年には東アフリカの飢饉をテーマにした写真集を出版し、東日本大震災とギリシャ危機のデモを取材した。

2012年からは”Limbo”(忘却の彼方)と題した長期プロジェクトに着手し、紛争のスパイラルによって難民になった人々を撮影し、中東、東欧、西欧を取材した。翌年からシリア内戦、イラクのISISなど中東の取材を開始、同時に「Limbo」(忘却の彼方)と題した長期プロジェクトに着手し、紛争のスパイラルによって難民になった人々を撮影し、中東、東欧、西欧を取材した。

2013年には「トルコの隠された戦争」と呼ばれるクルド独立問題を取材、現在はシリア難民の日常生活や児童労働問題、エルドアン大統領下の日常生活など、トルコ国内の撮影に取り組んでいる。 

世界報道写真賞スポットニュース部門2位(2013)、世界報道写真賞マルチメディア・ロングフィーチャー部門1位(2014)など、受賞歴多数。

2017年よりマグナム候補生。