image

ジョセフ・クーデルカ
Josef Koudelka

 

ジョセフ・クーデルカ 

フランス人

1938年チェコスロバキア生 -

パリ在住

 

プラハ工科大学で航空学を学ぶ。航空技術者として働く傍ら、演劇写真家としても活動を始める。67年、スロバキアのジプシーを取材した作品で写真展を開催し、注目される。
68年にはソ連軍のプラハ侵攻を取材。友人を通じ偶然エリオット・アーウィットの目に留まり、密かにフィルムを西側に持ち出し匿名で作品を発表。困難な状況下、緊張感あふれる作品が世界中に衝撃を与えた。この一連の写真で、1969年フォトジャーナリストに贈られる最も名誉ある賞の一つである、ロバート・キャパ・ゴールド・メダルを匿名で受賞した。

1970年にイギリスに亡命し、英国政府より贈られた奨学金により写真活動をつづけた。
1971年にエリオット・アーウィットの招きでマグナムに参画し、74年には多くの会員より推薦されマグナムの正会員となる。
1975年にはニューヨークの近代美術館で大規模な個展を開き、以後ロンドン、パリなど世界の主要都市を巡回。
1978年、東欧のジプシーを撮り続けた作品「ジプシー・旅の終わり」でナダール賞を受賞。

1987年フランス国籍を取得。1986年から使用しているパノラマカメラで撮影した写真集『カオス』を1999年に発表、「プラハの春」を撮影した写真集『プラハ侵攻68』を2008年に発表し、2011年に東京都写真美術館で写真展を開催した。

2013年には回顧展を東京国立近代美術館で開催した。