image

バート・グリン
Burt Glinn

 

バート・グリン 

アメリカ人

1925年ピッツバーグ生 – 2008年没

 

1925年アメリカ、ピッツバーグ生まれ。バート・グリンはアメリカ写真界の重鎮として、また元アメリカ雑誌写真家協会会長としてよく知られた写真家である。
1943年から46年まで兵役を務め、49年にハーバード大学を卒業。在学中より学生新聞の編集兼写真家として働き、卒業後「ライフ」で活躍する。

1950年にフリーランスの写真家となり、1951年にはマグナムに参画、54年に正会員になる。他の写真家の信望も厚く、過去4回会長に選出された。
第二次中東戦争や米軍のレバノン介入の取材や、1959年1月にはキューバでフィデル・カストロ率いる革命軍のハバナ入城など、キューバ革命を取材する。
その後カラーフィルムでロシアや日本などの美しいフォトストーリーを発表する。また、コーポレイトや広告の分野でも活躍し、数多くの賞を受賞している。

2002年、カストロとの50年以上に渡る交流をテーマにした写真集『HAVANA: The Revolutionary Moment』を刊行。同年、フォトテカ美術館(ハバナ、キューバ)、アメリカズ・ソサエティ(ニューヨーク)、サウスイースト写真美術館(フロリダ)、フォト・ギャラリー・インターナショナル(PGI、日本)他で2004年まで巡回展示された。



2008年4月9日死去、享年82歳