image

 

エリック・ハートマン
Erich Hartmann

 

エリック・ハートマン 

アメリカ人

1922年ミュンヘン生 – 1999年没

 

1922年、ミュンヘンに生まれる。1938年、家族と共にアメリカに移住。
繊維工場の事務所で働くと同時に夜間の高校、および大学に通う。
1943年、アメリカ陸軍に志願、ヨーロッパに駐留。


1946年、ニューヨークに移り住み写真家の助手として写真を学ぶ。
1948年から2年間ベレニス・アボットらから、更に写真を修得。

1956年、ニューヨークの近代美術館で写真展を開催。また1962年から全米で大規模な巡回展を開くなど早くから活躍していた。
1970年代からは、時代を反映する産業写真に強い興味を持ち、メカニカルからエレクトロニクスへの変容を映像的に追い求めた。ワークショップもよく開催し、後進の指導にもその多彩な能力を発揮した。
1995年、第二次世界大戦中のドイツの収容キャンプを題材にした写真集『In the Camps』を完成させる。

1951年よりマグナムに参画、1954年に正会員になる。 

1999年死去、享年71歳。

2000年、夫人が編纂した写真集『Where I Was』が刊行された。