image

クリストファー・アンダーソン
Christopher Anderson

 
クリストファー・アンダーソン 

カナダ人

1970年生 

ニューヨーク在住

  

テキサスで幼年期を過ごし、その後ニューヨーク、パリへと移る。現像所で働きフィルムの現像とプリント技術を学び、1993年、コロラドの小さな新聞社でカメラマンとして働く。

1995年からフリーランスの写真家として活動を始め、当初は様々な題材を雑誌などの為に撮っていたが、1996年に"U.S. News and World Report"の契約写真家となり、ロシアの経済危機やパキスタンのアフガン難民など、社会問題をテーマにするようになる。2000年、アメリカへ逃れるハイチ移民を追った写真で、ロバート・キャパ賞を受賞。2001年、パレスティナ、ガザでイスラエル軍に向かい投石し抵抗する少年を追った写真でコダックヤングフォトグラファー賞、パキスタンのアフガン難民の写真でthe Visa d'Or at Visa Pour l'Image, Perpignan受賞。

写真集は『Nonfication』(2003)、『CAPITOLIO』(2009)、『SON』(2013)等がある。

2002年 VII(セブン)に参加。2005年からマグナムに参画し、2010年より正会員。