image

クリスティーナ・ガルシア=ロデロ
Cristina Garcia Rodero

 

クリスティアーノ・ガルシア=ロデロ 

スペイン人

1949年プエルトリャノ生 

  

1949年スペインのプエルトリャノ生まれ。マドリッド大学で絵画を学び、その後教職に就く。同時に彼女は、宗教上特に多神教の伝統的な祭事の研究と撮影に没頭するようになる。1989年、このプロジェクトを写真集『Espana Oculta』にまとめ、この年アルル写真フェスティバルの"Book of the Year Award"を受賞する。
同年、ユージン・スミス賞も受賞。彼女の作品のドキュメンタリーとして、また民族学的な価値が評価された。


近年、ガルシア=ロデロは世界中を旅して他文化がもつ伝統的な側面の研究している。4年以上の歳月を費やし、何度もハイチへ通いブードゥー教の儀式を記録し続け、2001年にベニス・ビエンナーレで発表した。
彼女はこれまでに数多くの賞を受賞し、各国で展覧会を開催している。

2005年よりマグナムに参画、2009年より正会員。