image

マット・ブラック
Matt Black

 

マット・ブラック 

アメリカ人

1970年アメリカ生 - 

カリフォルニア在住

  

季節労働者と貧困、農業、環境の関係性を探ることをテーマに、生まれ故郷のカリフォルニア州とメキシコ南部で撮影して作品を作り上げてきた。 

現在取り組んでいる長期プロジェクト「The Geography of Poverty」(貧困地図)では全米の貧困地帯を周って撮影し、いままで44州100以上の地域を取材している。

カリフォルニア州の干ばつが農家に与えた影響をまとめた「Dry Land」と、メキシコ南部で43人の生徒が失踪した事件を追った「The Monster in the Mountain」は両作品ともビデオでも撮影され、「The New Yorker」で発表された。

ユージン・スミス賞(2015)、ロバート・F・ケネディジャーナリスト賞(2016)、その他受賞多数。

2015年よりマグナムの候補生、2017年より準会員。