image

エヌリ・チャナイ
Enri Canaj

 

エヌリ・チャナイ 

アルバニア人

1980年ティラナ生 - 

  

幼少期をアルバニアで過ごし、国境開放直後の1991年に家族とともにギリシャへ移った。

アテネのライカアカデミーで写真を学んだ後、2007年にブリティッシュカウンシルの移民のプロジェクトに参加し、マグナムの写真家・二コス・エコノモポロスの1年間のワークショップを修めた。

2008年以降はフリーランスの写真家として活動し、タイム・ライトボックス、ニューズウィーク、ウォールストリート・ジャーナル等、世界の主要メディアで作品を発表するとともに、アルルやアテネ、ニューデリー、ハノーバー・ルミックスなどの写真祭や、テッサロニキ近代美術館やBozar Centre for Fine Arts Brusselsなどで展示している。

LUMIX Festival for Yong Photojournalism 2016を受賞。

現在はアテネを拠点として、バルカン半島の移民をテーマに活動している。

2017年よりマグナムの候補生。